現在の位置:ホーム >アーカイブ >平成21年度通常総会

来賓挨拶 理事長挨拶 総会の模様 総会の模様

「緊急経済対策としてブロードバンドの0地域の解消を前倒し、H21年度中に早期整備される見込みです。
ブロードバンドの契約数は全国平均で57.5%、岩手県は41%で、インターネットの年代別利用率は20〜30代が65.4%、60〜70代は10.3%です。高齢者の安全で快適な生活を守るためにインターネットの普及推進が不可欠です。」
岩手県地域振興部IT推進課の高松秀一主任主査の来賓の挨拶がありました。
 総会は斎藤倫史氏を議長に選出し、平成20年度事業報告、収支決算を承認。
21年度事業計画、収支予算が会員の多くの賛同を得て全議案が原案通り可決され終了しました。
 特に21年度事業計画では会員のパソコンのスキルアップのために、会員の講習会や訪問サポートの体制を確立し、楽しみながら学び、積極的に社会貢献活動を行う方針を決議しました。

80才の会員 会員募集作品の入選 21年度は新会員の増強も重大目標です。
新会員勧誘のためのチラシの優秀作品の投票があり、同票3作品のうち菊池達雄氏が見事理事長賞に選ばれました。

交流会参加者の内80才以上の澤口良雄、杉田昭一両氏に「パソコンと暮らし」のご挨拶をいただきました。
パソコンを通じて若々しく人生をエンジョイされているご様子に感銘しました。

新会員 新会員 新会員
6名の新会員も交流会に参加いただきました。
夫々ISNへの期待と抱負を話され、会員と積極的に交流し、楽しく雰囲気に溶け込んでいました。

談笑 談笑
皆さん満面笑顔で交流会を楽しんでいました。 未曾有の不況もISNの会員で吹き飛ばす勢いをを感じました。