現在の位置:ホーム >アーカイブ >WEBパソコン教室 >三つ折りパンフ作成その1

パンフレット作成

その1
 今までの図形の挿入をさらに発展させて、今回はいわてシニアネットの3折りパンフレットを作ってみましょう。全てワード及びエクセルとウインドウのアクセサリーにあるペイントだけを使って作成します。
 用紙の一面には表紙と裏表紙、そして、中折れページの3ページになります。用紙の裏側にはパンフレットの内容が3ページに渡って記入されます。
 用紙はA4(210×297)として、3ページの各幅は上図のように中折りは97mm表紙と裏表紙は夫々100mmとして作成します。
 各ページのテキスト枠などについてはさまざまな事例を練習することにしたので統一性が無いデザイン
ですので、使い方を勉強したら自分で工夫してみてください。
 地図の作成には簡単に作成できるソフトが出ていますが、ここではエクセルを使用して作ります。
 A4用紙は一般の白い普通紙を使いました。色のついた用紙を使う場合は各ページの塗りつぶしを「なし」
と設定してください。
(1)用紙の設定
最初に用紙設定をしましょう。
ここでは3つ折りパンフはA4用紙を使います。
「ページ設定」から「余白」タブを選択して余白を全て0mmにしてください。
そして、印刷の向きは横を指定しましょう。
設定が出来たら次に進んでください。
次に、「文字と行数」タブを選択して方向は横書き、グリッド線をクリックします。
レイアウトしやすいように
文字グリット線の間隔2mm
行グリット線の間隔2mm
文字グリット線の表示間隔5mm
としましょう。
用紙に色を塗ってしまうと見えなくなりますが、画像配置などの時には非常に便利です。
以上を設定してOKボタンをクリックします。
すると、右の図のように!マークが出てきますが「無視」を選択して進んでください。
(2)表紙の作成
 これから表紙の作成に入ります。
用紙の最初に右端に3折りパンフの表紙をつくります。
 四角形ツールで高さ210mm、
幅100mmmの四方形を描きA4ページの右方向197mmで下方0mmからの位置に配置しましょう。
 塗りつぶしはうす緑緑色に塗りつぶします。
@ 図形ツールから四角形ツールを選択して用紙に表示します。
 ※四画形は図形ツールの四画形ツールを選択して用紙上に左上から右下隅へドラッグして描きます。
  次に、この四角形の中を右クリックして右図の「オートシェイブの書式設定」を開きます。
 「サイズ」タブを3折りパンフの表紙の大きさの高さ210mm、幅100mmに設定します。
A 次に、下図のように「レイアウト」タブをクリックして、画像が移動できるように「折り返しの種類と配置」ボタンで前面を選択します。
 さらに、画像の配置位置を決めるために、「レイアウト」の詳細設定ボタンをクリックして、レイアウトの詳細設定の「配置」タブから「右方向の距離」を選択し、用紙の幅297mmの左端から197mmと設定します。
 同じように縦位置の「下方の距離」を用紙上端から0mmとし、夫々の単位をページに設定してください。
  ※この設定作業はオートセイブの左上の隅を基準に貼り付ける位置を決めます。
 OKボタンをクリック水と表紙の画像がA4用紙の右側に移動します。
B 「オートシェイブの書式設定」をもう一度開いて、「色と線」タブから右図のように塗りつぶしの色を「うす緑」を選択し、さらに「線なし」に設定したらOKボタンを押してください。
 以上でうす緑に塗りつぶされた表紙が出来ます。

 今度は表紙にロゴやタイトルそして写真などを貼り付けましょう。

C 四角形の枠を入れるために@のように四角形のオートシェイブの書式設定からBのようにロゴアートの枠や裏色は塗りつぶしの色を「うす緑」とし、線の色を茶色を設定してください(画像省略)

D この配置は表紙の配置の時のように、ドラッグしないで「詳細設定」ボタンを押してレイアウトの詳細設定ウインドウから右図のように位置を設定することも出来ます。

 このときはサイズでアートの横幅(ここでは80mm)を決め、アートと表紙の横幅100との差(ここでは20mm)の2分の1を表紙の配置位置に加えた(ここでは197+10=207mm)とし、下方の位置も設定して配置します
。最後に全体の位置の修正派できますからこの段階では縦位置はあまり気にしないでいいでしょう。
E 次に下図のようにワードアートを選択して「シニアライフを実り豊かに」と記入しワードアートを作成してください。(このやり方は例題1のBからFを参照してください。)
F レイアウトを右の図のように「折り返しの種類と配置」ボタンで「前面(F)」を選択します。
 画像が移動可能になったので、アートをドラッグしてDEで作成した所定の枠の中に移動してください。
G 次に例題2で使用したISNのロゴマークを
 図の挿入ツールを使って挿入します。
 そして、図の書式設定で移動可能に設定したら所定のところに移動して配置してください。
(以上は例題2のGH参照)
H タイトル「特定非営利団体」「いわてシニアネット」の文字を挿入します。(方法は例題1と2を参照)
 メニューの挿入から右の図のように設定して文字を挿入する範囲を設定します。
 このとき「特定非営利団体」と「いわてシニアネット」を配置を変更しやすいように夫々のテキストボックスを作ってフォントのサイズやスタイルを夫々で決めてください。
 この配置が終わったら次にパソコン教室の画像を挿入してください。
 画像の素材はホームページか又はこの例題から右クリックで保存してからお使いください。
 下図のように出来れば表紙が完成です。(この画面は表示を50%に設定して表示しています。)

お疲れでしょうから少し休憩しましょう。、次に進む時は下をクリックしてください。
次に進む